わんぱくすまいる保育園の取り組み

石ころだって!!

2016年4月28日 木曜日

石ころ集めからはじまったみたて遊び。
あまりにも楽しそうな2人の姿に
どんな話をしているのか ついつい側に行き聞いてみました。

「ねーねーどこにいくの?」
「せんせいの ところにいってくるよー」
「まてまてー!!」「どこだー!!」と
石をもって 丸太の上を歩かせてみたり
腕を上下に振ってジャンプの真似、そして
コロコロと転がしては その様子をみて 楽しんでいました。

わんぱくの園庭は 土だけでなく、枝や丸太
大きな石、小さな石が子どもたちの想像力につながっていくのでしょう。
またまた、遊びの天才の発見です!

お友だち

2016年4月27日 水曜日

新しい環境にも少しずつ慣れてきて

お友だちの名前を覚えはじめ、一緒に遊ぶ

姿が見られるようになったのびのび組さん。

お友だちが泣いていると涙を拭こうとティッシュを

持ってきて、ほっぺをとんとん。

お友だちがトイレに行くと僕も私もトイレに

いこうとしています。

時には給食やおやつのテーブルクロスを大人と

一緒に敷いてくれたりとお手伝いも楽しんでいます。

これからも、どんな姿を見せてくれるのか

楽しみです。子どもたちの、かかわりを見守って

いきたいと思います。

また後でね‥

2016年4月22日 金曜日

  先日雨が降ってお外で遊べず3・4・5歳さんが保育室内で遊んでいました。

玩具もブロックや積み木、おままごとや人形などがあり、折り紙やお絵描きなど机上遊びも充実しています。

  お昼ご飯になり、お片付けをしていた時に1人の男の子と女の子が名残惜しそうに‥

「またすぐ来るからね、待っててね」

と、何かに話し掛けていました。

あまりに悲しい表情をしていたので「どうしたの?なにかあった?」と聞いてみたら、ネコのぬいぐるみで遊んでいてそのぬいぐるみを一人ぼっちにさせるのが可哀想だと話してくれました。

この2人にとって、ネコのぬいぐるみはただの人形ではなく、一緒に遊んでいたお友達だったのでしょうね❤️

午後もこの人形をおんぶひもでおんぶして遊んでいました!

 

来月は行事もあります‼️

元気に園に来て満足するまで思い切り遊んでほしいと願っています。

 

大人も負けずに一緒に遊んで行きますよ!!

バケツの取り合いだったはずが…

2016年4月20日 水曜日

ある日の午後。

園庭のお砂場でのことです。

 1つのバケツで仲良く遊んでいたAちゃん、Bくん。

その様子をほほえましく見ていたら、

Aちゃんが「私の」と言いたげにB君にバケツを渡すことを

体をひねっていやがりました。

B君は、「欲しい よ、ちょうだい!」と一生懸命手を伸ばしてバケツを見ています。

けれどAちゃんは、目の前のBくんの手のひらを 

何度も手を押して、「やだよー」と伝えていました。

B君は負けずに手を伸ばしています。

Aちゃんはまたまたその手を押し返します。

4、5回やりとりが続いた時、

Bくんがケタケタ笑い出しました。

Aちゃんも大人に「何何?」と思っていましたが、

BくんはAちゃんの「だめよ」と手のひらを押されていたことが

Bくんのなかでいつのまにかタッチあそびに変わっていたようです。

 

大人の私たちはおもちゃの取り合いが始まると、

慌ててとめてしまいそうになりますが、

子どもの世界をほんの少しのぞいてみると、

こんなステキな場面に出会えることもあるんですね。

 

2人の笑顔に幸せを感じた午後の一コマでした。

はじめの一歩

2016年4月19日 火曜日

太陽の陽射しがとっても気持ちいいある日。

よちよち組(0歳児)のお友だちはバギーに乗って散歩に行ったり、裸足でお砂遊びを楽しんでいます。

そんな中、お母さんと離れた時から寂しくて気持ちを切り替えられないでいる女の子がいました。

最初はずっと抱っこを求め、足が砂に触れるだけで拒否。。。

しかし、周りのお友だちが楽しく遊んでいる姿を見ているうちについに一歩を踏み出しました。

その後は大人の後についてハイハイでお花のトンネルをくぐり3往復!!!

子どもたちの成長を間近で見れて、とても嬉しい瞬間でした。