わんぱくSMILE松島園の取り組み

おはよう

2015年11月30日 月曜日

朝、保育室のドアを開けると

ヨチヨチ歩きや、ハイハイで一生懸命私の方へ

向かってきて満面の笑みで迎え入れてくれます。

 

おはようと声をかけると、にこっと笑い喜んでくれる子、さりげなく私の膝のうえに座り、嬉しそうにしています。

 

毎朝一人ひとりの顔を見て、おはようと優しく語りかけると

返事は出来なくても、それに対し全身で表現してくれます。

子どもたちの笑顔が、私の一日のエネルギーです。

 

朝のおはようという言葉。

この一言ってとても大切ですよね。子どもとのコミュニケーションがとれたり、一人ひとり違う表現で挨拶してくれたりと

そんな可愛い姿が私のパワーの源でもあります。

おにいさん・おねえさんだーいすき♡

2015年11月28日 土曜日

今日は異年齢クラスでの「いいな~」って思ったことを紹介していきたいと思います。

異年齢クラスでは3歳、4歳、5歳の子どもたちが一緒に過ごしています。

年齢が違う子どもたちは日々、色んなことを吸収しています。

よく、お母さんたちから

「字が書けるようになったんです!教えてくれたんですか?」

と、驚かされることがあります。

でも、私たち大人は教えたりしていないんですよ☺

文字に興味を持ったお兄さんお姉さん(4・5歳)たちが

絵本などから覚えた文字を書き始め

それに興味を持った3歳クラスの子どもが真似をして

文字などをかき楽しみます。

もちろん強制ではないので、興味がでるのに個人差はありますが

みんな楽しんで覚えています。

他にも・・・

自分のことを「私」や「僕」と呼んでいるお兄さんたちを真似して

「私ね」「僕ね」と言ってみたり

プリンセス好きのお姉さんの真似をして

プリンセスになりきり歌や踊りを楽しんだり、

ハサミの使い方をお兄さんお姉さんに注意され

それを友だちに伝えてみたり・・・

 

小さなことでもありますが、

私たちはいつもその小さなことを

大切にしているんですよ(^^)/

大切な時間

2015年11月27日 金曜日

いつも朝の受け入れや、帰りのお迎えの時に思うことがあります。

 

お父さん、お母さん、おじいちゃま、おばあちゃま

保護者の方々とお話をするときに

 

「園ではこんなお手伝いしてくれましたよ」

「お友だちにこんな風に優しくしてくれましたよ」

などなど…

 

園での様子をお伝えすると、保護者の方からは

「えー!?そんなこと!?」

「お家ではしてくれないのに~!!」などと、

驚かれることも多々あります(^^)

 

逆にお家での様子を伺うと、こちらが

「えー!?お家ではそんなことを!?」と

驚かれることも多々あります(^^)

 

もちろん共感し合えることもたくさん(^^)

 

園から、保護者の方から、

「今日こんなことがあったんです」

という、些細なやりとりのなかにも、毎日その子の

新たな一面を発見することが できます!

 

保護者の方々との大切な

「情報交換」

の時間なのです!

 

お忙しい中だとは思いますが、どんな小さな

ことでもいいんです!

ぜひ子ども達のお家での様子を

たくさん聞かせてくださいね!

異年齢(3.4.5歳)

2015年11月24日 火曜日

公園から帰ってきたときのこと

 

みんなが脱いだ靴が気になっていたSちゃんとMちゃん。

綺麗にそろえてくれました。

それをみんなに話すと

テラスに砂がたまっていることに気づき

掃除をすることにしました。

 

すごいですね

自分たちで気づいて

自分たちでやる姿勢 ”すてき”です。

これからも大切にしていきます。

聞いて!

2015年11月21日 土曜日

子どもたちってね・・・お母さん、お父さんとのおしゃべりが大~好きなんですよ。

「ねぇねぇ!聞いて!」

「あのね・・・」

 

・散歩に行ってかけっこしたこと。

・落ち葉が沢山あったこと。

・大きい犬に会ってビックリしたこと。

・お友だちとケンカしてしまったこと、そのあとに仲直りできたこと

・明日のお散歩ややりたいこと

 

今日一日自分で経験して感じたこと、思ったことを自分の言葉で話をしてくれるんです。

少し時間があいた時に、お話を聞いてみてください。

「こういう風に感じているんだ!」

「可愛い言い間違い発見♪」

「相手のことも考えられるんだ」

様々な感情の芽生えを聞くことができますよ!