わんぱくSMILE松島園の取り組み

あしたもみにくる

2015年12月21日 月曜日

2歳児との会話。

子ども「にんじゃってきのうえにいるんだよ」

私「そうなんだ。(木に引っ掛かってる袋を指さして)じゃああの袋はもしかして?」

子ども「にんじゃのわすれものかもね」

私「わすれものか!どうするんだろうね?」

子ども「とりにくるかもね。どこにいるのかな?」

私「あっちの木とかにいそうだね」

    すると…

子ども「さがしてくる」

私「忍法忍び足して静かにいったほうがいいかも」

子ども「うん、いってくる」(ゆっくり静かに歩いて行きました。)

4名「いないよ」

私「寒いから来ないのかな」

子ども「でんしゃのってかえっちゃった」

私「でも、あそこの袋あるからね。また明日もあるか見に来てみる?」

子ども「うん、あしたもみにくる」と目をキラキラさせ言ってくれました。

私が発した言葉1つで様々な展開ができる子どもたち。

2歳児ですがここまで考え行動できるんですよ!

本当に子どもの力って素晴らしいですよね(*^^*)

明日も楽しみがあるから保育園にいきたい!と思えるような

環境作り大切にしています。